複業(副業)するなら時間の使い方を棚卸しよう

2019年06月15日(土) 09:45

【更新:2020年02月21日(金) 08:00】


はじめに

前回の記事で、複業(副業)するなら時間を作る「仕組み化」が大事という話をしました。


今回はそれに続いて時間作りのためのHOWをまとめようと思います。

複業(副業)を始めるという事は何かをやめるという事

複業(副業)を始める際に今やっている事でプラスアルファで作業時間を確保しようとすると非常に厳しいと思っています。

どういった複業(副業)をするかにもよるかもしれませんが、多くの場合は特に初期の段階では片手間でできることは限られており、
ちゃんと複業(副業)をするならそれなりに時間を確保する必要があります。

しかし1日は24時間であるということは変えることができないので、
何か新しい事を始める場合には今やっている何かをやめる必要があります。
そうしなければ時間の確保が難しく、複業(副業)する時間を作るための「仕組み化」も難しいので
長期的に複業(副業)を続けることが困難になると思います。

まずは現状把握

何かをやめて複業(副業)する時間に当てるために、何をやめるべきか、何をやめる事ができるか
現状を把握する必要があります。

何事にも大事な事はまずは現状を把握する事です。正しく把握していないと何をすれば良いのか、どうしたら良いのか、の正しい回答は出せません。

今回で言うと、「複業(副業)するためにどう時間を使うのが良いか?」については
まずは現状自分が何にどれだけ時間を使っているのか?を把握する必要があります。

例えば平日に会社に行く事を想定すると

  • 朝は何時に起きているか?
  • 起きてから家を出るまで何をしてどれくらい時間がかかっているか?
  • 通勤中は何をしているか?
  • 会社での昼休みは何をしているか
  • 何時頃会社を出るのか?
  • 家に着いたら寝るまでの間に何をしているか?

など1日の時間を分解してみると自分がいつどういったことに時間を費やしているか分かると思います。

まずはこの現状把握をする事がファーストステップです。

iOSならスクリーンタイムが便利

iOSにはスクリーンタイムという機能があり、
自分がiPhoneで何にどれだけ時間を使っているか可視化してくれます。
例えば自分の場合はこんな感じです。

この機能で良いのは普段無意識にやっている事も全て可視化してくれて
自分が何をしているのか把握出来る点です。
ほとんどの人は何かあればスマホを触り、無意識のうちに色々使っていると思いますが
今回そのスマホを使っている時間を見直すというのが一番のポイントです。



無意識のうちにやっている事を意識的にやめる

まず削るべきものは日常で無意識のうちにやっている事です。
例えばよくあるのは電車の通勤時間でスマホでゲームをしていたり、
夜寝る前にスマホをいじったりすることはよくある事だと思います。
そういった無意識のうちにやっていることを、先ほど紹介したスクリーンタイムを使って可視化したり、
自分で自分の時間を棚卸ししてみる事で把握することができます。

たとえまとまった時間を作ることができなくても1日のうちで削れるちょっとした時間を削って
複業(副業)に当てることはまず初めのステップとしては非常に大きな一歩だと思います。


例えば自分の場合だと先ほどのスクリーンタイムを見たときにゲーム(パズドラ)をしている時間がかなり多かった時がありました。
ゲームをやるときは大体電車に乗っているときでしたが、その時間をゲームではなく読書や複業(副業)関係の時間に当てる事で時間を確保しました。

仮に電車に乗ってる時間が10分だったとしても、往復で20分、平日会社に行く5日間続ければ1週間で100分、月に400分の時間を確保する事ができます。


また個人的な時間の棚卸の例ですが、
私はドラマを見るのが趣味でだいたい週7,8本くらいドラマを見ています。
例えば見るドラマを週4本に減らしたら
ドラマが1本1時間なのでそれだけで週3,4時間を確保することができます。


このように普段何気なくやっている自分の行動を棚卸しして
無意識にやっていることを意識的に削ることでその時間を複業(副業)にあてる
というやり方は非常にお勧めです。

なにかを始めるという事は何かを止めるという事
を是非意識出来ると良いと思います。

一番削ってはいけないのは睡眠時間

ただし最後に1つ注意点があります。
それは睡眠時間を削るということです。

モチベーションの高い人であれば何か始める時に頑張って睡眠時間を削って時間を確保するということはやりがちだと思います。
試験前のテスト勉強みたいな短期的な作業であれば睡眠時間を削って作業することに一定の効果はもしかしたらあるのかもしれませんが、
複業は短期的な話ではなく、長期的に行うものなので
その場合は睡眠時間を削るというのは最もやってはいけない行為だと思っています。

睡眠時間を削るのは健康的にもよくないですし、
長期的にモチベーションを保つためには心身共に健康な状態でなければ難しいので
睡眠時間はしっかりと確保するべきです。

何かを止めるからといって睡眠時間を削るのは絶対に止めましょう。

最後に

今回は普段自分が何にどれだけ時間を費やしているのかを棚卸して、意識的に何かをやめて時間を確保するというお話しでした。
意外と無意識に時間を使ってっている事は多いと思うので、是非この機会に時間の棚卸をしてはいかがでしょうか。


複業 副業 エンジニア 勉強時間 時間の使い方 通勤時間 仕組み化 習慣化 時間