Another works(アナザーワークス)でエンジニアとしてのプログラミング副業案件紹介

2020年05月05日(火) 16:19

【更新:2020年05月29日(金) 08:16】


エンジニアとして積極的に副業をするべき

私は2017年からエンジニアとして副業を始めて現在まで継続しています。
個人的に副業によって得られた経験が非常に良かったので、是非多くのエンジニアに副業をして欲しいと思っています。

エンジニアが積極的に副業するべき理由については以下に詳細をまとめているので是非ご覧ください。


エンジニアとして副業探しにおすすめなサイト

副業を始めたいけどどうすればよいかわからないという方が多いと思い、
副業探しにおすすめなサイトを一覧的にまとめて見ました。


この中から今回は
「Another works(アナザーワークス)」 をピックアップして
Another works(アナザーワークス)で副業案件の探し方についてご紹介したいと思います。

「エンジニア」のレベルを3つに分類

エンジニアの副業と言ってもプログラミングのスキルレベルによってできる案件が変わってくると思います。
今回はエンジニアのレベルを以下3つに分類してそれぞれで副業案件についてまとめてみたいと思います。

1.未経験でこれからエンジニアになりたい人、まずは副業でプログラミングを経験してみたい人

2.エンジニアとしての経験はあるがプログラミングスキルがそこまで高くなく副業したい人

3.エンジニアとしての経験がありプログラミングスキルもある程度高く副業したい人

※またここでの「副業案件」の定義は
本業は別の仕事をしており空いた時間で別の仕事する場合を想定しているため
「週1日分(約8時間/週)の稼働で対応できる案件」
とします。

「Another works(アナザーワークス)」でエンジニアの副業案件を探す


サービス概要


アナザーワークス

Another works(アナザーワークス)は2019年の9月にリリースされたサービスで 複業したい人と企業をつなぐマッチングプラットフォーム です。
参考:複業マッチングプラットフォーム「Another works(アナザーワークス)」 本日9月2日(月)に正式リリース! 「働き方改革」で減った残業時間を複業時間へ

即戦力の人材が欲しい企業と複業をしたい個人をうまくマッチングさせるサービスで
8,000人以上(※2020年5月時点)の複業人材 が登録しており、その領域もエンジニアやデザイナー、営業やマーケター、広報、人事と 全職種を網羅 しています。

実際にマッチングした場合は企業と個人が直接やりとりをすることになりますが、SNS感覚で気軽にやりとりができるのも特徴です。

企業側としては 成約手数料は一切無料 で採用し放題で、
働く側としてもシステム利用料や手数料も一切無料なので 報酬が減ることがありません。

働く側として実際の複業案件を確認するためには会員登録が必要ですが、
Facebookアカウントと連携も可能なので会員登録のハードルも非常に低いと思います。

アナザーワークスビジョン

Another works(アナザーワークス)では
「挑戦する全ての人の機会を最大化する」 をビジョンに掲げておりそのビジョンから
「副業」という言葉を使わずに 「複業」 という言葉を使っているところもサービスとして目指す姿を表していると思います。
単なるお小遣い稼ぎとしての「副業」ではなく、 自己成長や価値貢献を目的とした「複業」 を後押しするためのプラットフォームとして活動を進めている部分は他の副業マッチングサービスとは少し違った部分だと感じます。

参考:複業マッチングプラットフォームを展開するAnother worksに複業研究家の西村 創一朗氏とパラレルワーカー・コネクタとして活躍する日比谷 尚武氏が顧問就任 〜事業拡大に伴い本社オフィスを移転へ〜

また2020年3月からはAnother works(アナザーワークス)の登録タレントが提携先サービスをお得に利用できる独自の福利厚生プログラム 「複業手当」 の提供を開始し、延べ9社14プラン(※2020年5月時点)まで拡大しています。

また補足ですが、Another works(アナザーワークス)のサイトは Vue.js が使われており、
UI/UXにもかなりこだわってサービス開発されている会社でもあります。

案件内容/案件数/単価

案件内容/案件数数

※2020年5月4日時点

営業:46件
マーケティング:21件
エンジニア:77件
デザイナー:24件
コーポレート:14件
人事:8件
広報・PR:7件
制作・ライター:10件
エグゼクティブ・コンサル:12件
ものづくり:1件
カスタマーサクセス・サポート:2件
PM:1件

単価

単価は高めの案件が多くエンジニアの案件であれば時間単価3,000円以上の案件が多いと思います

具体的な案件(レベル別)

「1.未経験でこれからエンジニアになりたい人、まずは副業でプログラミングを経験してみたい人」向け案件

※アナザーワークスでは 未経験でプログラミングの仕事ができる案件はほとんどありません。
プログラミングに関しては基本的にはある程度の経験やスキルが求めらる案件がほとんどです。
なのでここではプログラミング以外の案件、もしくは比較的求められるスキルが高くない案件をご紹介します。
※但しプログラミング以外の案件でもその領域の一定の経験年数は必要なので、全くの知識や経験がない領域では仕事は難しいと思います。

■Webディレクター


■テスター


■Web制作


「2.エンジニアとしての経験はあるがプログラミングスキルがそこまで高くなく副業したい人」向け案件

今回はPHPでの開発案件をピックアップしました。
PHPは比較的習得難易度が高くないのでプログラミングスキルがそこまで高くない人でもやりやすい言語という意味で紹介しています。
※決してPHPができるエンジニアのレベルが高くないという意味ではございませんのでご了承ください。

■PHP開発案件


「3.エンジニアとしての経験がありプログラミングスキルもある程度高く副業したい人」向け案件

比較的モダンな技術が使える案件をピックアップしました。

■アプリケーション開発案件


■機械学習


番外編:マネジメント

■プロダクトマネジメント(PdM)


■プロジェクトマネジメント(PM)

総評

メリット

・「副業」ではなく「複業」としてのマッチングサービス
・複業として企業で働く経験ができる
・プログラミング以外にもエンジニアの経験を活かした仕事が探せる
・企業からオファーが来る
・単価が高い

「副業」ではなく「複業」としてのマッチングサービス

「挑戦する全ての人の機会を最大化する」 をビジョンに掲げておりそのビジョンから
「副業」という言葉を使わずに「複業」という言葉を使っているところは他の副業マッチングサービスとの差別化ポイントでとても良いところだと感じています。
単なるお小遣い稼ぎとしての「副業」ではなく、 自己成長や価値貢献を目的とした「複業」を後押しする ことは
世の中的に副業解禁となった時代において 本質的な価値 であると思います。

複業として企業で働く経験ができる

「副業」というと個人で何かを制作したりプログラミングしたりする場合も多いですが、
Another works(アナザーワークス)では 企業で働く「複業」 がベースになっています。
求人が出ている企業のほとんどが ベンチャー/中小企業 なので、
比較的小さい会社で働いてみたいという方にはとても良いサービス になっていると思います。
本業で1つの会社だけに依存したスキルを高めるよりも「複業」として別の会社で働くことで
会社に依存しないスキルを高めることができるのは企業で複業として働く大きなメリット だと思います。

プログラミング以外にもエンジニアの経験を活かした仕事が探せる

エンジニアでプログラミングをやられている方だと、中には本業でプログラミングをする以外で
別の経験をしてみたいというニーズも一定あると思います。
Another works(アナザーワークス)では エンジニアの経験を活かしてディレクションやプロジェクトマネジメント(PM)の案件 もいくつかあるので、エンジニアとして少し違う領域のスキルを高めたいという方にもあっていると思います。

企業からオファーが来る

基本的には企業の求人をみて自分から応募する形が一般的ですが、
プロフィールに自分の経歴や実績を載せておくと企業からオファーが来る ことがあります。
自分が能動的に複業案件を探すだけでなく、受動的に企業からのオファーが来るのは
より多くの複業との出会いが生まれてとても良いと思います。

単価が高い

募集に出ている 案件のほとんどが高単価 であるのはとても良い部分であるとお思います。
企業側としてもある程度スキルの高い人材を求めているため、それ相応の単価が提示されているのだと思います。
具体的には時間単価5,000円以上の案件も多く、中には 時間単価10,000円 の案件もあるので
高いスキルを活かして高単価で複業案件を獲得したい場合には向いてると思います。

デメリット

・複業としてできる案件数が少ない
・ある程度高いスキルが求められる

複業としてできる案件数が少ない

全職種を合わせた 案件数が約200件(※2020年5月時点)と全体の案件数が少ない のはデメリットだと感じます。
クラウドワークスなどの有名な副業マッチングサービスだと 6,000件 近くの案件があるので
それに比べると実際の案件にはかなり限りがあると思います。

また「週1日分(約8時間/週)の稼働で対応できる案件」という 副業案件に絞るともっと少なくなってしまいます。
特にエンジニアで「週1日分(約8時間/週)の稼働で対応できる案件」となると数件程度とかなり限定的になってしまいます。
週2からにしても10件程度なので、企業として求めているのはやはり週3以上で1日8時間程度働ける人が多いイメージです。

案件数については今後サービスの拡大に合わせて増えていくとは思うので
今後より多くの案件が増えることに期待したいです。

ある程度高いスキルが求められる

エンジニアで プログラミング未経験でプログラミングの副業案件をしたいという方は正直厳しい と思います。
例えばクラウドワークスと比べると、あちらは個人レベルでお願いする案件も多いので単価が低いかわりに未経験でもある程度こなせる案件はあると思いますが、Another works(アナザーワークス)で扱っている案件はほとんどが
実務で一定以上の経験を持っている人 だけに限定されてしまいます。

企業として求人を出している分、 企業側もある程度スキルが高い人を求めている のである意味当たり前の話だとは思いますが、その分業務未経験の領域で副業したいという方にはあまり向いてないかもしれません。
サービスとしての価値が「複業」のマッチングサービスであるので、まずは本業でスキルを高めてそのスキルを別の会社で活かしたいという方向けのマッチングサービスになっていると思います。

なので副業しようと思って案件を探したけど自分にあった仕事がなかったという方は
まずは 本業のスキルを高めて本業での経験値をもっと高めてみる のが良いのではないかと思います。
Another works(アナザーワークス)での副業はあくまで本業のスキルを活かした「複業」が多いので
まずは本業を頑張ることで複業につなげていくのが良いのかもしれません。

まとめ:「Another works(アナザーワークス)」でエンジニアの複業案件にチャレンジしよう

Another works(アナザーワークス)では「副業」ではなく「複業」を推進しているように
エンジニアとしてチャレンジを後押しできるようなサービスになっていると思います。
本業の会社以外でスキルアップをしたり本業ではできない経験を求めて
是非積極的に「複業」を初めてみましょう!



エンジニア プログラミング 副業 複業 アナザーワークス